【東京】幻のバター茶を求めて!品川高輪のチベット&ネパール料理レッサムフィリリ

バター茶食べる

泉岳寺駅から歩いて数分の場所に、チベット&ネパール料理のお店レッサム・フィリリ」があります。

ここでは珍しいチベット、ネパールの料理、バター茶をいただくことができます。

バター茶とは、日本では馴染みがありませんが、チベット、ブータンを中心に飲まれているお茶で、黒茶にヤクの乳から作ったギーと岩塩を入れて攪拌したものです。

チベット関係の本にたびたび登場し、チベットの方は熱いバター茶を飲み、脂肪と栄養を取って、あまりにも過酷な冬の寒さを乗り越えるのだそうです。

飲んだ方から聞いた話によると、こってりとした塩味のお茶らし胃のですが、塩味のお茶というものがどんな味か、いまひとつイメージが湧きません。

どんな味かずっと確かめてみたいと思っていました。

東京都港区高輪のチベット&ネパール料理のお店「レッサム・フィリリ」

そして、バター茶を求め、チベット料理のお店を探したところ、レッサム・フィリリにたどり着きました。

レッサム・フィリリへは、品川駅・高輪ゲートウェイ駅・泉岳寺駅から徒歩でアクセスでき、泉岳寺駅が最も近いです。

お店はというと、外観、内装ともに、お寺のような荘厳な雰囲気があります。

メニューも日本では珍しいものが多く、例を挙げると、

・チョウメン Chowmien (焼きそば Fried noodles)¥1,150

・ククラコ スルワ Kukurako suruwa(チキンスープ Chicken soup)¥750-

などがあり、メニューを眺めているだけで楽しいです。

代表的なチベット料理のトゥクパとバター茶のチベッタンティーをオーダーしました。

チベット料理のトゥクパはとても辛い

トゥクパ Thukpa 自家製手打ち麺と特製スープヌードル
Homemade noodles in special tibetan soup ¥1,150-

トゥクパはうどんによく似た麺料理で、麺はもちもちとして柔らかいです。

野菜たっぷりでニンニクととき卵が入っています。ニンニクの風味と唐辛子の辛味が強く、塩味はそれほど強くありません。

表面をギーが覆っているのかこってりとし、いつまでも冷める事なく、熱いままです。

小さな肉片はヤクの干し肉らしく、噛み締めると独特の味が口の中に広がります。

付け合わせの大根のアチャールで口の中がさっぱりし、しばしクールダウンできます。

食べ終わる頃には体の芯から暖かくなりました。

バター茶は濃厚なバターの香りがたつ

バター茶は蓋付の容器で持ってきていただきました。

チベッタンティー Tibetan tea   ¥700-

受け皿は高台になり、足がついています。器全体に装飾が施してあり、可愛らしいです。

バター茶

器の蓋を開けると、バターの香りが立ちます。

お茶の器がとても熱くなっているので手で持つことができません。そのため、下のお皿を持つか、直接口をつけるようにして飲まないと飲むことができません。

一口飲むと、濃厚なバターの香りに塩気とお茶の風味が渾然一体となります。

思ってたより奇怪な味ではなく、スープのような印象もあり、しかし、お茶の香りもしっかりあり、バター茶の味としかいえない個性的な味です。

トゥクパ、バター茶の食後には体が芯まで暖まっていました。

濃厚でいつまでも冷めず、体が芯から暖かくなるチベット料理を食べ、飲み、チベットの寒さの厳しさ、環境の過酷さに思いを馳せました。

※この記事は2013年11月1日にアメブロに書いた記事を再編集しています。

「レッサム・フィリリ」のお店情報

住所 東京都港区高輪2-14-9三愛ビル梅館101

営業時間 (月〜金)11:00〜23:00 (L.O.22:30)

(土日祝)11:30〜23:00(L.O.22:30)

2020年11月28日〜2021年1月11日は11:00〜22:00(L.O.21:30)

電話番号 03-5789-2557

アクセス 都営浅草線泉岳寺駅・京急本線泉岳寺駅A2出口徒歩3分 JR品川駅徒歩8分 JR高輪ゲートウェイ駅徒歩5分

レッサムフィリリ公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました