白馬八方温泉まるいし宿泊記 コスパが良く料理が美味しい宿

旅する

自生する食虫植物を見に2022年7月末から8月頭にかけて、1泊2日の白馬一人旅をしてきました。その際に利用したのが民宿「白馬八方温泉まるいし」ネットで検索し、評判が良かったのでここに決めました。特に料理が美味しいとの口コミが多く、期待を抱いての宿泊です。その時のことをレポートします。

まるいしの部屋

栂池自然園を見学し、白馬八方バスターミナルから「白馬八方温泉まるいし」へ。17時を少し回った時間に到着しました。宿泊施設の多い一帯で、表通りから一本入った場所にありました。チェックインを済ませてひとまず部屋に。

2階の角部屋、畳敷きの中央に四角いテーブルと座椅子のある、使い勝手のいいシンプルな和室でした。トイレと洗面所は別で、洗面所にアメニティーと小型冷蔵庫がありました。食事前に1階の大浴場に行きました。wifiは少し弱いもののあります。

まるいしの温泉大浴場

1階にある大浴場はこじんまりとしていました。温泉はとろみのあるお湯で、源泉100%、pH11.1の強アルカリ温泉とのことです。

脱衣所にはエアコンがなく、芯から温まったこともあり、ドライヤーで髪を乾かしていると再び汗をかくことに。張り紙には体を急に冷やさないよう健康のためにエアコンをつけていないと書かれていて、健康志向なのかなと思いました。健康志向は食事や飲み物にも表れていました。

まるいし1日目の夕食(馬刺し付きコース)

夕食は十八時から。一階付きあたりの食事処で、席が用意され、既に料理をセッティングしていただいていました。

ここから予想を遥かに超える数と量の料理が続き、孤独で豊潤な宴が始まります。

前菜

前菜の三段重

前菜は三段重で出てきました。美しい彩り、盛り付けの一の重には信州産、白馬産の野菜がふんだんに使われていました。

  • ビタミン豊富な小松菜のムース
  • 白馬産 お造りのお寿司
  • 信州産 花豆のピンチョス
  • 信州産 高野豆腐の炊き合わせ
  • 白馬産 空芯菜の和え物
  • 自家栽培 五種類の野菜のラタトゥーユ
  • 信州産 プルーンのシロップ煮 加賀金粉を添えて
  • 白馬産 丘ひじきと枸杞の実の白和え
  • 自家栽培 ケールとトマトの生ハム巻き
  • 白馬産 玉蜀黍 ゴールドラッシュ

野菜好きとしては嬉しい、野菜の多いメニュー。産地にこだわり、自家栽培の野菜も多く、非常に健康志向なことが窺えます。どれも丁寧に調理されているお料理でした。

  • 馬刺し
赤身の馬刺し ニンニク生姜でいただく

氷を盛ったお皿に乗せられた馬刺し。赤身でとても柔らかいです。私は赤身が断然好みです。

変わり鉢

三段重の二段目に入っていたのが変わり鉢。

  • 手作りのローストビーフのサラダ 信州高原レタスを添えて

手作りのローストビーフ、食べ応えがありました。

ローストビーフも手作りのこだわり

煮物椀

三段目の扉を開けると、煮物椀が入っていました。

  • 自家栽培 ビタミン豊富な新じゃがのお饅頭

もっちりとした食感でした。とろみのついた出汁餡と合います。じゃが餅の粘り気を優しくしたよう。中にそぼろ肉が入っていました。

もちもちとした食感が好み

お造り

お造りは白馬産の鱒でした。肉の後は魚が嬉しい。脂が乗っていて美味しいです。

新鮮な鱒で美味しい

焼き物

  • 白馬産 朝締めの山女の塩焼き

川魚が好物なのでとても嬉しいメニュー。しかも山女です。塩が効いていて香ばしく、甘みがある身がほろほろと口の中でほぐれます。

もっと食べたい

鍋物

メインの鍋物

  • 信州プレミアム牛の青ほお葉焼き 信州キノコを添えて

途中で火をつけてもらい、煮立つ頃に信州味噌のいい香りが漂いました。

プレミアム牛

朴葉と味噌の香りがよく、味の濃い美味しいお肉でした。

揚げ物

  • 白馬産ヤングコーンの天麩羅。ひげねを巻いて

ひげねを衣にした天麩羅のレシピを教わり作ったことがありますが、ここで出会えるとは思いませんでした。揚げたひげねは香ばしく、味も濃く美味しいです。

ひげねが香ばしい!

食事

自家米っていいですね
  • 自家米 あきたこまち
  • 信州中野産 えのきのお味噌汁
  • 自家製の漬物 コリンキー きゅうり 大根

珍しいコリンキーのお漬物。コリンキーはサカタのタネと山形セルトップが品種登録したかぼちゃの仲間です。生でも美味しく食べられるのが特徴で、私はマリネとソテーにしたことがあります。お世話になっている方におすすめの食べ方を聞いたところ「お漬物」と教わり、気になっていたところに、ここで、まさかの出会い。

確かに美味しいです。

デザート

デザートもボリュームたっぷり
  • 信州産 寒天を使った抹茶のデザート 白馬産 ブルーベリーを添えて

2種の抹茶のデザートで、濃い味の抹茶寒天に、抹茶ムースです。この辺りにはお腹がいっぱいで、満足感を覚えながら完食しました。味、ボリュームともに大満足でした。

まるいしの館内設備(応接間)

館内には、アットホームな造りの応接間があり、冷たいお水、薬膳茶のサービスがあります。夕食後はコーヒーの提供もあるのが嬉しいです。

背後に大きな七福神像

まるいし2日目の朝食バイキング

朝食は七時からでした。朝食を食べずに八方尾根へ出発するか迷ったのですが、せっかくなら朝食を取りたい!と思い。食事場所は夕食と同じ食事処です。

食事処は結構広い
品数の多さよ

朝食バイキングは驚くほどの品数の多さ。長テーブル3つにも及びます。しかも、ほとんどが野菜料理というヘルシーなメニュー。ヴィーガンの方にも好まれそうです。

飲み物、デザートも豊富
五穀米にたっぷりの野菜
デザートまで

カボチャサラダにポテトサラダ、新鮮なきゅうり。目玉焼きに温泉卵。しまった、卵がダブってしまった。デザートまでいただきました。夜、朝としっかり食事をし、荷物を預け、無事八方尾根で元気に食虫植物の探索をすることができました。帰りには再び温泉を利用させてもらいました。白馬方面を旅行する時には、リピートしたい温泉宿です。

白馬八方尾根で見る食虫植物(ムシトリスミレ・モウセンゴケ) | ふしぎな食虫植物のせかい|木谷美咲
長野県北安曇郡白馬村八方にある、白馬連峰の唐松岳から東に伸びる尾根「白馬八方尾根」。1998年に長野オリンピックのアルペンスキーの競技会場になり、冬はスキー場として、夏は登山客で大勢の人で賑わう人気の場所です。八方池へと続く登山道の八方尾根自然研究路に、食虫植物のムシトリスミレ、モウセンゴケが自生しています。標高200...
栂池高原・栂池自然園で見る食虫植物(モウセンゴケ) | ふしぎな食虫植物のせかい|木谷美咲
長野県北安曇郡に位置する、標高1900メートルから2000メートルに広がる高層湿原の栂池自然園。長い年月をかけてできた湿原で、中部山岳国立公園 第一種特別地域の指定を受ける自然豊かな場所。非常に人気のエリアです。冷涼な気候の泥炭湿地で多くの高山植物、そして食虫植物のモウセンゴケも自生します。7月末に栂池自然園で見たモウ...

まるいしへのアクセス

車)関越自動車道→藤岡JCT→上信越自動車道→長野IC→国道18号線→白馬長野オリンピック道路→国道148号線

(電車・バス)東京から北陸新幹線で長野駅に行き、アルピコ交通の特急バスで白馬八方バスターミナル

(バス)新宿から高速バスで白馬八方バスターミナルまで

まるいしの施設情報

白馬八方温泉まるいし

住所 〒399-9301長野県北安曇郡白馬村八方

TEL 0261-72-2116

白馬八方温泉まるいし公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました